ページの先頭です

トップページ > 研究室紹介 > 医療薬剤学

医療薬剤学

研究室紹介・テーマ

医療の現場では多くの医薬品が使われていますが、問題はまだまだ山積しています。たとえば、もっと効果的な使い方はないだろうか、薬の飲み合せは大丈夫だろうか、また副作用を防ぐにはどのようにすればよいのだろうか、などが挙げられます。医療薬剤学とは医薬品が人体に投与される場合に、最も効果的でかつ安全性の高い投与方法、投与剤形を研究開発するとともに、医薬品の人体に及ぼす影響についてについてさらに解明していくための実践的学問です。当研究室では、より良い薬物治療を推進していくため、次のようなテーマで研究を行っています。

  1. ジェネリック医薬品およびサプリメントの品質評価
  2. 臨床へのカラーユニバーサルデザインの応用
  3. 医薬品の服用感改善(におい、味、ざらつきなど)に関する研究
  4. 薬物動態の理解・制御に基づく薬物療法の最適化に関する研究


研究室旅行(2013.8.11〜12 写真は山鹿市あんずの丘での陶芸体験)

スタッフ

教授 瀬尾 量
教授 山﨑 啓之
助教 田口 和明

研究室作成ページ

ページの先頭へ

〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / TEL:096-326-4163 FAX:096-326-5048
薬学部事務係:jimu@ph.sojo-u.ac.jp