ページの先頭です

トップページ > 研究室紹介 > 薬物動態学

薬物動態学

研究室紹介・テーマ

我々は、「血清タンパク質の構造・機能の解析と医薬への応用」に関する研究を精力的に展開しています。具体的には、体内動態に重要な役割を果たし、DDSキャリヤーとして広く利用されている血清アルブミンとα1-酸性糖タンパク質の構造・機能の解明、さらに二つの血清タンパク質のDDSへの応用に関する広範な研究を行っております。目下、7人の博士課程大学院生を中心に、研究室のモットー“一つのことに打ち込んでこそ道は拓かれる”を肝に銘じ、これらの課題に鋭意努力しております。当然、これらのテーマは当研究室のみでの実施は不可能であり、学内の研究室(医療薬剤学研究室、製剤学研究室、DDS研・前田研究室など)や学外の研究室(例えば、国内では熊大・薬・丸山研究室、奈良県立医大・酒井研究室など;海外ではオ―ストラリヤ・カーティン大・薬・チュアン研究室、デンマーク・オーフス大・医・クラフハンセン研究室など)と協同して行っています。体力と気力に自信のある学生は大歓迎です。研究の楽しさを一緒に味わってみませんか。


通常、血中のAGPにはFS体とA体の二つのバリアントが共存する

スタッフ

教授 小田切 優樹
博士課程 4年 榎田 泰介、古川 真斗
博士課程 3年 岡本 侑子、木村 虎太郎、得能 正裕
研究員 向後 悟、橋本 麻衣
学部生 6年 関 悠、藤本 諒、山口 健士郎
学部生 5年 緒方志穂、小屋迫秀美、白木絵梨
学部生 4年 里美由紀、山田由依、四元麻友美、山﨑桃子
秘書 豊岡 真希

ページの先頭へ

〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / TEL:096-326-4163 FAX:096-326-5048
薬学部事務係:jimu@ph.sojo-u.ac.jp