ページの先頭です

トップページ > 教育 > 理念と教育方針(3つのポリシー)

理念と教育方針(3つのポリシー)

1. 理念

薬と医療に関する高度な専門性と豊かな人間性を有する人材を育成するとともに、医療の進展、人類の健康な生活と福祉の向上に貢献する。

2. 教育研究上の目的

崇城大学薬学部は、医療の高度化に対応できる臨床能力に優れた薬剤師を養成し、人類の健康の維持と疾患の治療に役立つ生命科学研究を行う。

3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学科は、本学の教育理念および学部の教育研究上の目的を実践するため、次のような人を受け入れます。

  • 医療の高度化に対応できる臨床能力に優れた薬剤師を養成します。そのため、専門知識とそれを基盤とした問題発見・解決能力を修得する上で必要な、基礎学力と論理的思考を有する人。
  • 高い倫理観をもち、患者の立場に立った医療を提供できる薬剤師を養成します。そのため、思いやりと協調性をもってコミュニケーションがとれる人。
  • 社会に貢献できる薬の専門家を養成します。そのため、強い意志をもち、科学・医療の新しい分野にも積極的に挑戦できる、意欲ある人。

≪喫煙について≫
喫煙が健康に大きな影響を及ぼすことは、すでに広く知られています。薬学部は人の健康に関わる学問を学ぶところです。したがって、キャンパスを全面禁煙にしており、入学者は非喫煙者とします。

4. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科は、本学の教育理念および学部の教育研究上の目的に沿って、次の実施方針でカリキュラムを編成します。

  • 人間性・倫理観を養うために、教養・倫理教育を継続的に実施します。
  • 高度な医療と健康増進、公衆衛生の向上に対応できる能力を養うために、医療系科目を充実させます。
  • 問題発見・解決能力を養うために、PBL(Problem Based Learning)学習、実習および卒業研究を充実させます。
  • 学習成果基盤型教育(Outcome Based Education)に基づいて、効果的な学習ができるように科目を編成します。

5. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学科では、本学の教育理念および学部の教育研究上の目的に沿ったカリキュラムを実践し、厳格な成績評価により卒業要件を満たした次の能力を有するものに学士(薬学)の学位を授与します。

  • 医療人としての豊かな人間性と高い倫理観を身につけたもの。
  • 薬剤師としての高度な知識を修得したもの。
  • 地域の人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献できるもの。
  • 科学的思考にもとづく問題発見・解決能力を有するもの。

ページの先頭へ

〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1 / TEL:096-326-4163 FAX:096-326-5048
薬学部事務係:jimu@ph.sojo-u.ac.jp